IoT
市場規模

ビジネス2.0の視点より

http://blogs.itmedia.co.jp/business20/2014/06/2020iotinternet-c56b.html

□ガートナー 2009年時点でインターネットにつながっていたモノの数はおおよそ25億個
2020年には300億個以上のデバイスがつながると予測
1兆9000億ドル(約194兆円)の経済価値を創出すると予測

□インテル 2020年には確実に500億のデバイスがつながると予測
自動車や自動販売機、工場設置機器、医療機器

□シスコシステムズ 2013年現在で、IoTによりつながるデバイスは100億近くまで増加
2020年には500億台のデバイスがつながると予測
インターネットは、人、プロセス、データ、モノを組み合わせたIoE(Internet of Everything)の時代へと大きく成長する。
今後10年間でIoTは全世界に14.4兆ドルの価値を創出すると予測

日本はそのうちの少なくとも5%を占め、国内に76.1兆円の新市場が生まれると予測

2012年から2017年に全世界のIPトラフィックは3倍に増加
今後5年間で13倍にも膨れ上がると予測
データセンタ-で処理するクラウドのアーキテクチャーは、IoEの時代にはボトルネックに突き当たると予測「フォグコンピューティング」を提唱

□マイクロソフト

2020年には10兆個になると予測

□IDC

2012年に約4兆8000億ドルだったIoTの世界市場規模
2020年には約8兆9000億ドル、2020年までに自律的に接続されるデバイス は300億台になると予測

以上のように、IoTで接続されるデバイスは数百億規模
全世界で一人あたりつながるデバイス数は、単純でも5,6台あたりの計算

「コネクティッドホーム」
「コネクティッドカー」
「ヘルスケア」

日々加速度的に増加するデータ活用により、GEが提唱する各産業(インダストリー)において、新しいビジネスの形態の登場も期待される (インダストリーインターネット)
要はビッグデータのビジネスかな


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-27 (月) 16:33:22 (390d)